親子関係でのお金の貸し借りはありだと思うの詳細

親子関係でのお金の貸し借りはありだと思う

"親子でのお金の貸し借りはお互いが納得がいく方法であるならば良いと思います。
私も実は父に借りた事があります。
学生の頃にアルバイトなどをして自分の趣味に費やしていた事にお金がたりなくなったことがありましたが父がお金を貸してくれました。
与えたと言った方が良いかもしれないです。
父が絶対に消費者金融などで借りたりカードでローンを組んだりすることを嫌う性格から私にお金で何か困った事があったら絶対にいいなさいといわれていました。
私がお金が必要なのを知っていて20万円を貸してくれました。
その時にこのお金を貸しますがいつ返してくれても良いというのです。
死ぬまでに返してくれたらいいですが死んだらもうよいと言うのです。
今だに私はお金を返す事が出来ていないですがいつかお金ができたら父は約束を忘れているかもしれませんが返そうと思っています。
父が他の人やお金を私が金融機関などで借りないように自分が貸したのだと思います。
心配しての親心で本当はあげるつもりで貸したのだと思います。
しかしそれがわかっていてもいつかは返そうと思います。
このように貸す側が何も嫌がっていないのなら親子関係でもお金の貸し借りはありだと思います。
しかしあげたつもりで親子関係の場合は貸した方がよいかもしれないです。
私も結婚をして子供もいますが子供にお金を貸す場合あげたつもりで貸すとは言うと思います。
子供が消費者金融などで借りるのをみるのは心配だと思います。
利息自体を払うのももったいないと考える方が賢明です。
しかしこれらがいえるのはお金に余裕がある時だと言えます。
状況によって親子関係でお金の貸し借りはありだと私は思います。"