引越し資金が足りない方へ

引越しするお金が無いっ!

引越しするお金が足りない!という方がいますぐ現金を用意するのにおすすめのカードローンはどこの会社なのか?コンビニや銀行のATMでもカンタンに引き落としすることが出来るキャッシング会社をご紹介しています。

引越し費用が足りない場合の対処方法

誰にでも、人生において何度か「引越し」を経験する場面が訪れる事と思います。それは時に学校に通う為の一人暮らしのスタートであったり、勤めている会社の転勤辞令の時であったり、はたまた嬉しい結婚生活の第一歩であったり、念願のマイホームへの転居であったり……。

理由はその人によって様々ではありますが、心機一転環境も気分も変える事が出来る「引越し」はそれほど悪いものではありません。むしろ「気分転換をしたい」という理由で引越しを考える方も中にはいるくらいです。

しかし、現実的に蓋を開けてみると楽しいと喜んでばかりいられないのが「引越し」です。何故なら、予想以上に引越しにはお金がかかるからです。

加えて「転勤」のように自分の都合に合わせて行う事の出来ない引越しの場合、準備期間も短い上に新しい環境に慣れなくてはいけないといった複雑な心理も働き、大きなストレスとなる場合も多いといいます。

また家族揃っての引越しとなればそれだけ荷物も増える為、あらゆる引越し作業を考えると心身共に疲れ果てるといった状況も多く、引越しはもう二度としたくないと考える方も多いといいます。

引越しにはどのような費用があるのでしょうか?

では、実際に引越しにかかる費用がどのくらいかかるのか、皆さんはご存知ですか?「引越し費用」というと単純に「引越し屋さんに支払う金額」と考える方も多いようですが、本当にそれだけでしょうか?

引っ越すという事は、まず新しい新居が必要となります。賃貸と購入とではまたその内容も大きく変わりますが、どちらにしても「敷金」「礼金」「家賃の一時金」等の賃貸物件にかかる費用、「手付金」「諸経費」「仲介手数料」等の購入物件にかかる費用といった具合に、かなりのまとまった金額が必要となります。

更に引越しをすると必ずと言っていいほど出てくるのが「不用品」です。単純にごみ処理としてすぐに捨てられるものはまだいいのですが、「粗大ゴミ」のような大きなゴミは処分するだけでも案外お金がかかります。

それから家電リサイクル品のリサイクル料、旧住居のクリーニング費用、月途中の場合であれば旧住居の日割りの家賃代、遠方であれば交通費や場合によっては宿泊費用も掛かってきます。

新たに家具や家電、寝具や雑貨等、新居へ移る際に購入したものもすべて引越しによる費用となるわけです。更に新居に引っ越してからも普通はすぐに日常生活に入れる事は少なく、そうなると食事も外食やコンビニ等のお弁当のようなものに頼る事も多くなります。このように予想外の出費も多くなるのが「引越し」をする上での現実です。

引越しにかかる平均費用はどれくらい?

上記に引越しにかかる費用にどのようなものがあるのか例として取り上げてみましたが、まだまだこれが全ての費用とは言えません。場所や人数、物、環境その他諸々、人それぞれかかる費用は異なるといえるでしょう。

全ての引越しにまつわる費用というのは幅が広く、必ずしも同じように発生するとは限らない為、ここではとりあえず引越し業者への運送代金について見ていきたいと思います。

【通常期(5月〜2月)の平均的料金相場】

引越しの規模 およその金額の幅
単身(荷物少) (〜15q未満 〜 500q以上〜) 29,000円 〜 70,000円
単身(荷物多) (〜15q未満 〜 500q以上〜) 38,000円 〜 95,000円
家族(2人)  (〜15q未満 〜 500q以上〜) 65,000円 〜 150,000円
家族(3人)  (〜15q未満 〜 500q以上〜) 80,500円 〜 180,000円
家族(4人)  (〜15q未満 〜 500q以上〜) 100,500円 〜 225,000円
家族(5人以上)(〜15q未満 〜 500q以上〜) 120,000円 〜 330,000円

【繁盛期(3月〜4月)の平均的料金相場】

引越しの規模 およその金額の幅
単身(荷物少) (〜15q未満 〜 500q以上〜) 36,000円 〜  90,000円
単身(荷物多) (〜15q未満 〜 500q以上〜) 50,000円 〜 110,000円
家族(2人)  (〜15q未満 〜 500q以上〜) 86,000円 〜 190,000円
家族(3人)  (〜15q未満 〜 500q以上〜) 100,000円 〜 265,000円
家族(4人)  (〜15q未満 〜 500q以上〜) 147,000円 〜 295,000円
家族(5人以上)(〜15q未満 〜 500q以上〜) 150,000円 〜 370,000円

上記は口コミ情報における平均的引っ越し代金を、単身〜5人以上の家族等による場合にわけて取り上げてみました。平均とはいえ金額にはかなりのバラつきが見られます。

なぜかというと、これは同様の内容の引越しであっても「どこの引越し屋を利用したか」「何月に引越したか」「平日か休日か」「使用するトラックの台数」「新居の低層階か高層階かの違い」「エレベーターの有無」「時間の指定」「どの様なサービスが盛り込まれていたか」等、引越し業者によって得意とするところやサービスの内容が様々である為、金額には大きな開きが出るといわれています。

その差は最大で約3倍にもなる場合もある為、実際にどこを利用するのかはよく検討して決める必要があるといえるでしょう。また通常期であっても特に7,8月といった異動や休暇が重なるシーズンは、引越し屋が込み合って割高となる事が多いです。なるべく早めの見積もりを取る事が重要といえるでしょう。

引越し費用が足りなくなるケースいろいろ

これまでの流れの中で、引越し費用がいかに大きな出費であるかという事がお分かりいただけたのではないでしょうか?ですから引越しを考えている方は前もって貯金や積み立てを行う等して、あらかじめ余裕を持った資金計画を立てておく事が望ましいといえるでしょう。

しかし「引越しのタイミング」というのは、必ずしも計画していた通りに来るとは限りません。中には全然考えていなかったのに、急に状況が変わって引越しする事になったというような事もあるでしょう。また計画はしていたものの急な出費が重なり費用が足りなくなってしまったというような事態が起こるかも知れません。

引越しをしたいのに「引越し費用が足りない!!」というのは非常に大ピンチですよね。それでは実際にどういった場合にこのような事態が起こるのか見ていきましょう。

引越し費用が足りなくなるケース

・まずは単純に自分が考えていた予算の中では収まらないケースです。これは新居費用が予算以上の金額にもかかわらず決めてしまった場合や、引越す時期等の都合で引越し代金自体が予算を上回ってしまった場合です。なるべく削れる費用は抑える事が重要といえるでしょう。

・新居に引越す際の、家具やカーテン・家電製品・日用雑貨・小物等の買い物費用が予想以上に高くなってしまった場合が考えられます。ついつい新しい家だからと気持ちが大きくなってしまい、費用をかけすぎてしまう事はよくある事です。

・引越し屋に見積もりを取ってもらったら、予想以上に物が多すぎて運搬費用から不用品の回収等に大きな費用が掛かってしまったという場合です。多くの場合引越しのタイミングで物を処分する事が多いですが、大きな物や特定の家電製品を処分する場合には意外に処分費用が掛かるという事を認識しておく必要があるといえるでしょう。

・引越しのプランの中で、ある程度自分で荷造り・荷解き等の作業をやる予定でいたのに、実際に引越しが近くなったら体調を崩してしまい、様々な作業を引越し屋に頼む形になり、大きな費用が掛かってしまったというケースです。基本の代金が低価格でも、後から付随される様々な費用により結局金額が大きくなってしまうのが引越しです。

・新居への引越しの際に、以前使用していたエアコンを使用する予定の方も多いと思いますが、エアコンというのは年数や取り外し等により中のガスが抜けてしまったり故障の原因となる等、実際には使用出来なくなってしまうケースがあります。現代のように年々暑さが増している現状ではエアコンなしというのは考えられません。結局何台かのエアコンを購入する事になり、大きな費用となってしまうのです。こういった費用がある事を前もって認識しておくとよいでしょう。

・新居を購入する場合、手付金・仲介手数料から諸々の諸経費等出費は非常にかさみます。ある程度まとまった資金を持っていた方であっても、引越しの費用までは足りなかったというケースは非常に多いといえます。

・引越しというのは必ずしも嬉しい気持ちで行えるとは限りません。急な仕事の変化や生活の変化等大きなストレスを抱えるような疲労を伴う場合も多く考えられます。このような状況で体調を崩し、予想外の医療費等がかかってしまったというケースもあります。引越しはそれだけ大変な作業であるといえるでしょう。

この他予想していたよりも急なタイミングで引越さなければならない場合には、費用が足りなくなるケースというのは多々あると考えられるでしょう。日頃から貯金を心掛ける事が最も大切といえるのではないでしょうか。

引越し費用が足りなくなった場合の対処方法

「引越し貧乏」という言葉があるように、引越しには非常に大きな費用が掛かります。前もって計画をしていても上記のような場合など、費用が足りなくなってしまう事はよくある事です。

そのような時に困らない為の貯金があれば一番良いのですが、なかなかそのようにいかないのが現実です。ではもし実際に引越し費用が足りなくなってしまったら、あなたはどうされますか?

ここではそんな困った場合のいくつかの対処法を上げてみたいと思います。

資金不足の対処法

・まずは親族等身近な人に借りる方法です。引越しをする場合運搬費用以外にも様々な出費が重なります。大きな買物等によるカードの支払い等も出てくるでしょう。ですから利子がなく工面してもらえる為、最も有効的な方法といえるでしょう。しかし、金銭トラブルにつながらない為にもきちんとした返済計画を予め決めておく必要があるでしょう。

・引越しまでの日程にもよりますが、余裕がある場合には「不用品を売る」という方法があります。処分となると大きな費用が掛かってしまいますが、逆に売る事が出来れば収入になります。インターネットを利用したオークションやフリーマーケット、中古買取や質屋等を上手に利用してみるとよいでしょう。

・タイミングにもよりますが、新居を決める際に既に費用が不足しているのであれば、「敷金」「礼金」等のかからない物件を探すという方法もあります。最近ではこういった諸経費が少なく、中には家具等がついているような手軽な貸物件も多く見かけます。これらは引越しでかかる費用のかなりの割合を占めている項目である為、削る事が出来れば大きなメリットといえるでしょう。

・現金の用意がどうしても間に合わない場合には、カードで支払いをする事が出来ます。引越し屋に払う費用は大抵の場合銀行のカードによる支払いが可能です。また新居に伴う買い物等も同様です。支払いが重なると返済が大変になる為、計画を持った利用が求められますが、どうしても困った時には手軽に利用出来る方法といえるでしょう。

・前もって費用が分かっている場合には、カードローンやキャッシングを利用する方法があります。利子の発生する借金である為、安易に行うのは危険ですが、消費者金融のキャッシングの場合は1か月間無利子で借りる事も出来るなど、最近では非常に利用しやすくなっています。また銀行等のカードローンであれば、審査が下りにくいといったデメリットはありますが、比較的安い金利で借りる事も可能である為、どうしても困った場合には利用を検討するとよいでしょう。

・ある程度の期間払い込んだ保険に加入している方であれば、「契約者貸付制度」を利用する事が出来ます。これは自身の保険の解約払戻金の範囲内で自由に借りる事が出来るもので、返済も自分で計画を立てて行える比較的借りやすい方法といえるでしょう。

・日本ではあまり知名度や認知度的には高くはありませんが、社会福祉協議会の「総合支援資金」を検討する方法があります。これは公的な福祉の救済制度であり、いくつかの条件を満たしていれば申請出来る可能性があります。詳しい説明等は現住所を管轄する市町村の社会福祉協議会が窓口となっている為、一度相談してみるとよいでしょう。

これらは比較的利用しやすい対処法となります。いずれにしても引越し代金は意外とかかるものです。何らかの方法で資金を借り受けた場合には、計画的に早期の返済を心掛ける事が大切です。

引越し費用を見直す上での注意点

ここまでの内容を考えると、「引越し」にはとにかくお金がかかるから、「なるべく安く出来るところに頼みたい」とお考えの方も多い事でしょう。

実際にちょっとした条件を変える事により大きく金額が変わる為、出来るだけ無駄をなくし落とせるところは落としたい、と考える事は非常に良い事ではありますが、必要な部分まで落とそうと考える事はかえって注意が必要です。

特に金額にばかりこだわって出来る限り引越し屋から値切るといった行為をすると、引越しの内容自体が悪質となってしまう事があります。業者もそれなりの利益を上げなければならない為、このような場合にはアルバイトや見習い等の作業員が送られる事が多いといいます。

また人数も減らし無理なスケジュールの詰め込みになる等、丁寧な作業は見込めません。会社が大きい場合はトラブルになるほどではないかも知れませんが、良質なサービスを望む事は難しいといえるでしょう。

まとめ

「引越し」というのは環境が大きく変わる為、人生の節目ともいえる大きな作業です。それだけに費用としての大きさもさることながら、心身共に非常にパワーの必要な作業といえるでしょう。

ある程度計画的な引越しの場合にはいろいろな面で余裕を持つ事が出来ますが、急を要する場合や思わぬ出費がかさんだ場合には、どうしていいかわからず頭を抱えてしまう事も多いといえます。

しかしそんな時にこそお役立ていただきたいのが今回の『引越し費用が足りない場合の対処法』です。まずは慌てず費用が実際にどれくらいかかるのか見積もりを取ってみるとよいでしょう。最近ではインターネットによる一括見積もりが利用出来ます。

同じような内容の引越しであっても、業者によって金額は様々です。内容をよく照らし合わせ、自分に合った業者選びをしましょう。もしどうしても資金が不足してしまった場合には、どこから工面するのが最適なのかを考慮して、無理のない対処法でピンチを乗り切りましょう。

引越しは大変さばかりが目立ってしまいますが、環境が変わる事で新しい第一歩を踏み出す事が出来るチャンスでもあります。是非良い方法で素敵な一歩を踏み出せることを期待しています。

最新のエントリー一覧

人に言えない借金により消費者金融を利用しました
"私は以前、誰にも内緒で消費者金融にお金を借りたことがあります。 なぜお金を借り...